レーシック手術と保険

レーシック手術にかかる費用は10万円から30万円ほどが一般的です。
これから一生、メガネやコンタクトレンズを使わなくて済むと考えれば手術費用は決して高くはありませんね。
レーシックは健康保険の対象とはなっていませんので全額自己負担となってしまいますが、医療保険などに加入している場合には手術給付金がもらえる場合があります。
レーシック手術は、病気やけがをした時の手術とは違うので、手術給付金は出ないようにも思ってしまいますが、保険会社や加入条件などによっては給付金が出るケースもありますので、現在加入している生命保険や医療保険会社に問い合わせてみましょう。
もしも、給付金が出るようであれば、自己負担分をかなり抑えて手術ができることになるでしょう。
もしも新しく保険に入ることを考えている場合や保険の見直しを検討している方は注意が必要です。
レーシックを受けようと考えている方が保険の見直しや新規加入を検討している場合は、レーシックに対して手術給付金がおりるのかどうかを必ず確認しましょう。
レーシックは手術給付金の対象外という場合や、加入後○年間は給付金がおりないといった規定になっている保険もあるようです。
レーシックが今のように一般的な治療方法として確立されていないかった頃に加入した保険の場合にはそういう規定がなく、レーシック手術でも問題なく保険がおりるという場合もあります。
まずは、ご加入されている保険会社さんに確認してみましょう。