レーシックの歴史

視力が悪い人にとってメガネやコンタクトレンズは必需品であり、病気やケガと違い外科的に視力回復をすることは、あまり身近なものではありませんでした。
しかし最近では年間約10万症例以上の人がレーシックによって視力回復を実現しています。
手術によって視力を回復するという方法は、最近になって始まったと思っている方も多いかもしれませんが、近視矯正手術というのは、かなり昔から存在していました。
世界で初めて角膜を切開する手術が始まったのは実に1869年のことなのです。
その後、日本でも角膜の両面を切開して屈折率を変えるという、非常に高度な手術を行いましたが、患者の角膜が濁ってしまうといった副作用が出たため普及するには至りませんでした。
RKやPRKは、レーシックのようにレーザーを使った治療ではなく、メスを用いた手術で、合併症や、痛みといった多くの問題を抱えていました。
1990年代になりレーシック技術が登場します。
1990年にギリシャのパリカリス博士がマイクロケラトームという装置を使って行う、レーシックを開発しました。
角膜をカンナのようなものでめくり上げ、手術後に戻すという手法を取り入れたことによって、これまでの合併症や痛みといった問題が解消されたのです。
1995年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)でエキシマレーザーが視力矯正手術用に認可されたことによってレーシックが普及し始めました。
日本でレーシックが普及し始めたのは、2000年になってエキシマレーザーが厚生省(現厚生労働省)に認可されたことでようやく広く認知され始めました。

オススメのサイト