手術当日の注意点

レーシック手術を受ける日は帰りのことを考えて、車を運転して行くのは控えた方がよいでしょう。
手術直後は視力が安定していないため、曇り空でも眩しく感じてしまうような場合もあります。
普通に目を開けているのも辛くなるようなこともありますので、運転することは危険です。
女性の場合は、手術当日はできるだけ化粧はしないようにしましょう。
角膜に傷が付きやすいアイメイクは手術の2〜3日前から避けた方が良いと言われています。
また、アレルギーが起ることがあるため手術の前後に化粧品を変えるというのも避けましょう。
手術を受ける前にしておくと良いと言われているのが、待合室などの時計や壁に貼ったポスターなどを見ることです。
なぜなら、手術を受けた後すぐにそれらを見ることで視力の回復効果が分かるからです。
手術前に見たものと手術後に見たものがどの程度違って見えるかを実感することができます。
手術直後は視力がすぐには安定しません。
また眼を開けているのが辛く、しみるような感覚や眩しく感じることもありますが、見え方については手術前と大きく異なります。
手術後は、しばらくの間薄暗い部屋で眼を閉じて休息します。
その後はすぐに帰宅することが可能です。
手術の当日は視力の回復ということよりも、風がしみることや眩しく感じるということの方が気になってしまうかもしれません。
しかし、翌朝にははっきりと視力の回復を実感することができるようになり、メガネやコンタクトレンズに頼らない生活を満喫できることでしょう。

オススメのサイト

  • 人目が気にならない裏側矯正といえば神宮前矯正歯科。