レーシックの安全性

「レーシック手術」という新しい視力矯正方法が一般的になり、様々な情報や体験談を見聞きすることで「自分もしてみようか…」と思う方は非常に多いようです。
しかし興味はあっても、同時にレーシックに対して不安を感じている人も多いようです。
レーシックは、日本では2000年に認可されたばかりのまだまだ新しい治療方法です。
しかし、アメリカでは日本よりもずっと以前からレーシック手術が一般的行われていました。
レーシックの歴史が長いアメリカでは、すでに200万件以上の手術が行われてきました。
大きなトラブルや、失明の報告もなく、非常に安全な視力回復手術法として定着しています。
レーシック手術は非常に短時間で視力回復が実現可能です。
優良なクリニックにおいて、経験豊富な専門医が行うレーシックであれば、視力に大きな影響を与えてしまうような失敗はまずないと言えるでしょう。
よく、レーシックで失敗してしまったら失明してしまうのでは?と考える人もいるようですが、レーシックは角膜表面の手術ですので失明するということはありません。
また目に直接メスを入れると勘違いしている人も多いようですが、レーシック手術は「エキシマレーザー」という機器を使って行われます。
レーシック手術はコンピューター制御によって行われますので、非常に正確で安全な手術なのです。
現在も非常に高い技術ですが、今後も益々技術が進歩していき、より安全性が高い治療方法になっていくことでしょう。