手術を受けるのに適した季節

レーシック手術を受けよう!と決断したら、すぐにでも手術をして視力を回復したいと考えるものです。
「思い立ったが吉日」と言うように、受けるぞ!と決めたら、即実行というのももちろん良いでしょう。
しかし、レーシックを受けるのに適した季節があるのです。
一見、何の関係もないように感じるかもしれませんが、ここは一度冷静になって手術を受ける日を考え直してみましょう。
レーシック手術を受けるのを避けたほうが良いと言われているのは、花粉症の季節です。
この季節は感染症が起りやすくなりますし、仮に目がかゆくなっても擦ることができないのでとても厄介なのです。
特に、毎年花粉症に悩まされているという方は、花粉症の季節に手術を受けることは避けるべきでしょう。
もしも、どうしても花粉症の時期に手術を受けた場合には、ホコリや花粉などが入り込まない保護メガネをして予防するようにしましょう。
また、夏場にレーシック手術を行うと、目に汗が入ってしまう可能性があるので、あまりお薦めできません。
万一ハンカチやタオルを使って顔の汗を、ついいつものように拭いてしまうと、フラップが外れてしまう可能性があるのです。
人によっては秋でも花粉症の症状が出るという方もいるでしょうし、仕事の関係で季節に関係なく汗をかくという方もいるでしょう。
人それぞれに手術を受けるのに適した時期は異なります。
それぞれの都合や仕事の状況など、様々な点を十分考慮して医師に相談することが大切です。

オススメのサイト